<   2007年 02月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

The Wisdom of Crowds (みんなの意見は案外正しい)


b0106675_11451984.jpg
みなさん おはよう

これは以前にもコメントしましたが、ただ単に
民主化を推進する「キーワード」ではありません。
「群集の英知」を活用する・・・・それがキーワードです。

小さな組織で、これを実践するのはかなり難しい。
それは、個体数の少なさと、それにより個体差の大きさで
「傾向」が見えにくいからです。
統計学的にも、この「数」が正しさを生む条件でもあるのです。

でも、小さな組織は、このベクトルは大切です。
なにより、そこに存在する人々の、自主性や、潜在的なパフォーマンスや
そんなもろもろを生み出すことができるのです・・・。

小さな会社の経営者が持つ「情報量」などは、たかが知れています。
もちろん、僕自身の資質の問題でもあります。
でも、小さな組織も、今、「世界」に存在する情報をそれぞれの価値観で
集めたら、そしてそれを、フィルタリングして持ち寄れば・・・・・。
「案外正しい・・・」になるかもしれません。

もう一度、あの本を読み返すつもりです。
そして、ぼく、スタッフ、顧客、その先の潜在顧客・・・そこまでの
「みんな」について考えてみたいものです。
[PR]

by pridm | 2007-02-28 11:44 | おはようブログ  

GRUPO グルポ ぐるぽ・・・・・

みなさん おはよう

あるクライアントから、「グルポ」の応用の具体的な引き合いを頂いたとは
以前のブログで書きましたが、またうれしいお話を頂きました。
知人が、このブログを見て、クライアントを紹介してくれたのです。
友人には、以前、そのコンセプトを熱く、語り伝えたことがあります。
誰かに、わかって欲しかった・・・・。

その思いを、その先に、伝えてくれたのでした。
そしてそのクライアントも、このブログを見ていただいて・・・・・・。
「具体的な話をして欲しい」と。

「繋がり」に驚きと、そして少しの「怖さ」すら感じます。
その連鎖を、「正」に「是」に、拡大できるよう
その時々に、実直にがんばりたいと願います。
[PR]

by pridm | 2007-02-27 10:03 | おはようブログ  

春の予感の雨の日

みなさん おはよう

まるで、もうすっかり春かのような、雨の朝。
でも確かに、もうすぐ、三月ですから・・・・。

慌しく過ぎた、怒涛のこの一ヶ月。
今朝、報告をもらった「問題管理シート」には、クリティカルな問題で
ペンディング状態のものが、あと一件。
開発した製品を使ってもらいながら、テストし、修正しているこの段階で
この「シート」がクリアになる予感・・・。
この遅れた一ヶ月は、それでも終わり方次第では、「力」になる一ヶ月。

もちろん、油断は大敵。
でも、進んでいる実感に、それ以外のことも前向きに動けそうです。
がんばってるみなさんに、感謝。

このまま、季節も、どれも、「春」になりますように・・・・。
[PR]

by pridm | 2007-02-23 10:40 | おはようブログ  

ぼくにとっての「本屋さん」

amazonで本を購入する機会が多いぼくは
それでも、本屋さんへ行く機会が減ったように感じられません。
もちろん、欲しい書籍が特定されていて、それを本屋さんの棚から
探し出すのは、今の仕組みでは難しい。
せいぜい、それがあるであろう「棚」を特定できるだけです。

それでも、行くのは、パラパラといろんな雑誌や書籍を見て周り
まるでウィンドウ・ショッピングのように、ちょっとした情報や傾向が
そこから見てとれる気がするからです。
もちろん、まだ現段階では、書籍の中身まではネット上で読めないですから
タイトルや書評だけで判断できない場合、実本を見たくなるのも事実です。
そんな「中身」すら、読めるようにする「流れ」が動いていることも
事実ですが・・・・。

そんな本屋さんのウィンドウ・ショッピングでも
流れで、いくつかの雑誌を、書籍を購入することも多く
結果、自分の購入する絶対的な書籍量は増えています。
「ネット」と「リアル」。
ある意味、相反するこの形態は、巧みな仕組みで相乗効果を
生み出すモデルが、確かに存在するはずです・・・・。

そんな本屋で、ぼくがあまり近づかないエリア。
それは「IT関連」です。
理由は・・・・仕事の情報としては、もうすでに、本では古いのです。
でも、久しぶりに覗いてみれば・・・・。
多くの「Google活用本」が出ていることに驚きました!
一般ユーザー向けに、雑誌から書籍まで、ざっと数えて10種類ほど。
すべて、Googleに特化した活用本です。
基本的にGoogleのサービスは一般の人に向けては全て「無料」。
これを多くの人が知り、そして使い出せば
ある「スタンダード」が変わっていく可能性があります・・・・。
Googleの作り上げようとしている、「スタンダード」はもうすでに
いや最初から、この業界の中に閉じたものでは決してないことを
強く感じました。

本屋では、思わずしてぼくはこんな「マーケティング情報」の
収集もしているのでした・・・・・。
[PR]

by pridm | 2007-02-22 10:49 | おはようブログ  

育てる・・・

今、産みの苦しみで苦労しているプロジェクトの提案は、2005年の冬に
行ったものでした。
万博の終わった後、その経験を生かして
新たな「CMS」(コンテンツ・マネージメント・システム)をご提案したのです。

万博のときにも、もちろん、多くの「コンテンツ」をコントロールするために
特別な「CMS」がデザインされました。
某メーカーがそれを受注したのですが、会期を目前にしてその開発は
ある部分で問題を抱え、頓挫しました・・・。
わたしたちは、それを、「アドバイザー」や
一部の「コンテンツ作成」という立場で携わったのですが
あの時点では確かに、多くの部門(会社)の関わるプロジェクトの難しさを
認識していたのでした。
ただ、開発の当事者でなかったわたしたちは
もちろん、するべきことは果たしたとしても
「無責任」な「評論家」になっていなかったかと
自分自身に問いかけてきました・・・・。

今、同様に、規模の大小はあっても
多くのセクションの関わる難しいプロジェクトの中で
開発者として苦闘するぼくたちがいます。
ある意味、あの経験が生かせなかったのかもしれません。
でも、万博と違って、これを使う仕事には「会期の終わり」はありません。
スタートはもちろん大切ですが、それを育てることも重要なのです。

産みに苦しんだ子供は元気に育つ・・・・などと言われます。
ぼくたちのこの「子供」も、しっかり育てていかねばなりません。
[PR]

by pridm | 2007-02-21 11:02 | おはようブログ  

パパの会社

仕事のことで、悩むことの多いこの頃・・・。
ただ忙しいのとは違った、緊張と焦燥と・・・・そんな雰囲気を
身近にいる小さな息子は感じ取っているようです。

車の中にある、仕事の資料を、チャイルドシートに座ったまま取り上げ・・

「これ しごとの ほん??」
「仕事の資料だよ。おうちで進めようと思ってね。」
「おうちで しごと? かいしゃじゃないの?」
「うん、時にはおうちでもしようかって思って・・・」
「かいしゃ いってみたい!」
「会社は遊園地じゃぁないよ」
「パパがしごと するところでしょ たすけてあげるよー」

悩み、苦闘する姿を息子に見せるのは、本望です。
そしていつの日か、その具体的な内容がわかるその日に
誇れる仕事をする「父」であるために、今があるのだと
しみじみと思うのでした・・・・。
[PR]

by pridm | 2007-02-20 10:22 | おはようブログ  

失望と後悔と挫折と希望の狭間

みなさん おはよう

事業をしていて、冷静に分析すれば、ぼくの場合「失敗の記憶」は
強く心の奥底に、沈殿しています。
「成功の記憶」・・・・これはなんだか少ない。
事業が平穏にランニングしている状態では、もちろん「成功」の実感は
少ないし、掴んだいくつかのチャンスを、確実にものにした・・・なんていう
実感を伴った「成功」はほとんどないのかもしれません。

失望は数知れず、その結果反省も数知れず・・・・。
20年もやっていると、逃げ出したくなるような気分に落ちていくことも
何度だってあるのです。

でも、小さな「希望」がいつもその「底」からの唯一の抜け出す「道」では
ありました。
いつも希望を捨てない。
何度、挫折したとしても、それさえあれば、もう一回、もう一回・・・・。

事業の「振幅」でいえば、最近のいくつかの「問題」を評価すれば
底を打っていない、下り曲線の中。
でも、下を向いて下っているのではなく、次に行くべき先の上を見据えながらも
・・・・・そんな心境の最近です。
この「狭間」にいるから見えるものだってあるのです。

そう考えられるところが、自分らしいところ。
短期的に、中期的に、打つ手を具体的に「表す」ときでもあります。
春を待っている余裕はありません・・・・。
[PR]

by pridm | 2007-02-14 12:18 | おはようブログ  

娘のはなし

みなさん おはよう

先週は後半、あるプロジェクトが佳境であったにも関わらず
お休みを頂きました。
第二子ではありますが、娘が生まれたためです。
一時、状況が芳しくなかったこともあり、総合病院へ転院しての
出産だったため、若干のリスクもありましたが、無事生まれたことを
感謝しています。

そして昨日、スタッフのみなさんからということで、お祝いも頂きました。
素敵な、「ファースト・シューズ」です。
仕事で苦しい状況の中、娘のことを祝ってくれる「心」に、胸が熱くなりました。
大切にします。
そしていつか、このシューズを見るたびに、娘の誕生とともに
この会社の新たな「成長」のはじめの一歩を
きっと思い出すことができるでしょう・・・・。

みなさん、ありがとう!
[PR]

by pridm | 2007-02-13 09:57 | おはようブログ  

パフォーマンスのはなし

みなさん おはよう

今回の「CMS」(コンテンツ・マネージメント)のプロジェクトの
大きな問題ののひとつに、「パフォーマンス」問題があります。
ある操作におけるレスポンスが極端に遅いという現象が
確認されたのです。
もちろん、今回のプロジェクトに「ORACLE XML/DB」を
採用するとジャッジしてから、そのパフォーマンスの件は
最重要な懸案であるはずでした・・・・。
通常のDBに比べて、XMLをDBへパースするオーバヘッドが
大きくなることは、もちろん、予測していました。
それが、このDBを採用する、前向きなメリットに対して
どれくらいのリスクがあるのか・・・・ここが焦点ではありました。

「レスポンス」という項目に対しては、ぼくが新人のころから
随分と大きな割合を、そのデザインやプログラミングに
費やしてきたように、思います。
最初に、製鉄会社の担当になったときも、そのオンライン・プログラムの
レスポンス監視と統計、傾向分析、そしてシステムのボトルネックを
探し出すのが、ぼくの仕事でした。
今のように、データーベースもなく、ミドルウェアーと呼ばれるものも
自分達で作って動かしていた時代です。
プログラマーの職人的なメモリーの操作や、処理効率の高いロジックが
それを支えていました・・・・・。

今回のプロジェクトは、まだ「問題」の収束にに向って進行中です。
そして、それは、あるタイミングで本番移行していきますが
まだずっと、このレスポンスという問題に関しては、日々、新たな
ソリューションを要求される、そんなプロジェクトであると感じます。
そしてこの時代に、それを解決していくのは、予見と先見性のある
デザイン力なのだと、思います。

自戒の念を込めて、強く自分に言い聞かせているところです・・・・。
[PR]

by pridm | 2007-02-07 10:17 | おはようブログ  

提案・プレゼン

みなさん おはよう

システムのカット・オーバーに絡む改修作業は、この数日で
大きなマイルストーンをむかえます。
万事を尽くして・・・・そんな心境です。

そんなこの時期、多くの提案依頼が続いています。
ナレッジに絡むもので、保守管理ツールや文書管理を実現するもの。
これらは「GRUPO」のアレンジの先で実現できるものです。
もうひとつは、新聞販売店に絡むもの。
随分前に、新聞販売店をハブとした地域SNSを構築し、その単位での
地域コミュニティーを育てながら、地域に特化した広告、そしてその先には
パーソナルな嗜好を反映したリコメンド・広告に繋げていく・・・そんなプラン
でした。
今回頂いた話は、そこまでは突き詰めることはできませんが、販売店と
地域住民のより密接なつながりを実現できるビジネスモデルに
育っていく可能性があります。

このプロジェクトがスタートし、そして成果を収めることができるなら
ちょっとだけ、未来の「新聞を取り巻くイメージ」が想像できるかもしれません・・・・。
[PR]

by pridm | 2007-02-06 09:55 | おはようブログ