<   2006年 12月 ( 14 )   > この月の画像一覧

 

Web2.0を自分の事業へ読み解く

みなさん おはよう

今年はweb2.0という言葉を、何度も目にすることとなりました。
「1.0の次の時代」がやってくる、インターネットの世界の大きな
変革であることを意味しています。
今までの1.0の世界に比べて、何が違うか・・・・・。
この言葉自体は、具体的なテクノロジー・イノベーションを示すものではなく
ウェブの世界の概念的な「方向性」を指し示すものでしかありません。
その示す方向は・・・・。
「ウェブ世界の完全民主主義の確立」であると思っています。

今までのウェブ世界は民主的でなかったか・・・?
実際、グローバルでフラットな仮想社会を期待したインターネットは
結局は、一方的な情報発信でしかなく
しかも大きな「マス」(例えば巨大ポータル)が
まるであたかも、それがスタンダードであるかのような「表現」を
許してきた状況であると感じます。
随分昔から期待されてきた「双方向」。
確かに、テクノロジーはそれを可能にしていていますが
そういった「文化」は結局この1.0では確立されなかった。

ではウェブ社会での「民主主義」とは・・・・・。
たとえば、ブログ社会が急速に発達してきて
そこから生まれるユーザー主体のマーケティング。
「みんなの意見はたいがい正しい」という言葉で表されるように
ウェブ上に散在する多くの「意見」をある確度で
集約、参照できるようになったこと。
ピュアな消費者の意見が、供給する側と離れて購入動機に
影響を出しています。
多くの個別のサイトが、ポータル配下にあるいサイトに比べて
圧倒的に目に付きにくかった状況が、検索エンジンの進化で
変革されること。
これは、SNSなどがその始めの一歩です。
「囲いこむ」という考え方に逆行して、すべて開放していく。
これは、amazonやGoogleがその機能を
オープン化していっているところに象徴されます。
「囲いこむ」ポータルは、危機感を募らせ、楽天なども
一部API公開し始めている。
流れは・・・・「民主主義」なのです。

ぼくたちの会社・・でそれを読み解けば・・・。
ぼくたちのコアビジネスの「運用保守」に適用していくべき
「ナレッジサービス」部分。
このナレッジ情報を、いたるところから集約して分類し
現場にリコメンドする部分はまさに「情報の共有化から生まれる
情報民主主義」といえます。
それによって、サービスレベルの高い「運用保守」が可能です。
そして今、まさにリリースしようとしている製品。
これは「イントラ・ナレッジ」を構築するツール。
情報共有化による、業務のリボリューションを実現するツールです。

「グローバル」&「フラット」が基本的なコンセプトであることは
実は1.0から同じです。
それを、「みかけ」」ではなく「現実」にすること。
それが2.0の方向性と感じます。
そして、その方向性を自分なりに読み解いた「事業プラン」が
ぼくたちの中には、確実に存在するのです。
[PR]

by pridm | 2006-12-26 10:35 | おはようブログ  

今年、最後の週をむかえて

みなさん おはよう

今年、最後の週になりました。
毎年、「今年は早かった・・・」などとつぶやいていますが、終わってしまえば早く感じるのが普通です。
実はあったのか・・・・・。
明確な形にはならなかった・・・・これが現実です。
今年は実はなりませんでしたが、確実に思いに対して「植えて」「水をやる」
ことを続けることができたと感じています。
今年の初めに胸をときめかした事業案件が、今になって変わらず輝いているし
いやもっと、確実な光として見えている気がするからです。
今までの事業をベースに、新たにジャンプしようとしている新事業は
「ちゃんと育っている」と確信しています。

今までのコア・事業は・・・?
先日、事業部長から、顧客からとてもいい評価を頂いた・・・と報告を受けました。
システムの運用保守サービスは、「守ってあたりまえ」と思われがちで
派手なヒットやホームランは少ない。
そんな中で、顧客がい「いいサービスだ」と感じてくれるのは、この事業冥利につきます。
なにより嬉しい。
あらためて、顧客満足のうえに、ぼくたちサービスは成り立っているのだと
再認識します。
そして、それが自分達のやりがいや進歩に繋がり
いいポジティブサイクルを作る。
コア・事業はとてもいい「今年」を遂げた気がしています。

来期に向けて・・・とても選択肢が多いのが「特徴」です。
これは、流動性・・とは違います。
ある明確な方向性を持ったビジョンに沿って、選択するアクション・プランが
多いということです。
事業は子供の教育にも似ていて、最初にアドバンテージの高いポジションに
身を置くことが「勝ちパターン」のひとつとして重要です。
そのアドバンテージとは、どんなにまわりの状況が変化しても、
思いをまげずに進むことができる多くの選択肢を持っている・・・
ということだと思っています。

愛読書の「ビジョナリー・カンパニー2」ではこんな文章がありました。
「最初にバスに乗せる人を決める。そして行き先を決める」
これは、大きなビジョンに共感した人たちが集まり(集め)、そしてその人たちの
パフォーマンスがその具体的な「アクション」を決める。
ときには最初に設定した大きなビジョンですら、その人によってポジティブに進化する・・・・。

そうです。
結局は、そこにいる人が「行き先」を決めていくのです・・・・。
そしてそれが「選択肢」の多さに繋がることをあらためて思い知るのでした。
[PR]

by pridm | 2006-12-25 10:47 | おはようブログ  

進捗報告

みなさん おはよう

ぼくたちの会社には「進捗報告」のメールをみんなに毎日送る・・という文化があります。
これはその日の仕事の進捗はもちろんのこと、いろんな情報や
個人の所感などを記載してくれています。
ただしこれは「メール」なので、受け取った人の目にいったん留まりますが
それを将来的に参照可能な「情報」として蓄積していくには不向きです。
これを「ナレッジ・データー」として蓄積していくことが、大きな効率をうむカギとなるはずです。

それから・・・・進捗の中にある「所感」。
あるスタッフの所感は、とても内容が濃く、建設的な意見も盛り込まれていて、刺激をうけます。
読んでいても面白いし、文章も上手。
これを「メール」世界に置いておくのは、もったいない。
イントラ・ブログにでも書いてもらって、そこから波及するいろんな効果を期待したいものです。

これから「所感」は、社内ブログだな・・・・・・。
[PR]

by pridm | 2006-12-22 10:56 | おはようブログ  

商品の名前 キャラクター

みなさん おはよう

まだ、商品のネーミングができていません。
迷いがあるのです。
ならば、まずは「イメージ・キャラクター」を・・・とあるデザイナーに
お願いもしてみましたが思ったようなイメージではありません。
この部分、完全にアナログなので、自分のイメージも曖昧だし
デザイナーへ伝えるのも難しく感じます。

スケジュールは「まいて」きますが、これはずっと付き合うものですから、納得いくまで模索したいと思います。

昨日はそのシステムの開発をお願いしているエンジニアと打ち合わせも実施。
いくつか問題点が出てはきましたが、これまた曖昧ではありますが「いける」確信が沸いてきました。

以前にも書きましたがキーワードがさらに明確になりました。

「ためる わける しらせる さがす」

リポジトリ機能、カテゴリー分類機能、フィード機能、検索機能。
基本的には「CMS」(コンテンツ・マネージメント・システム)のようなものではありますが、ファインダビリティーと拡張性を備えた「ナレッジ・ツール」になるはずです。

さて今年ももうすぐ終わり。
それまでに、いい区切りをつけたいものです。
[PR]

by pridm | 2006-12-21 10:30 | おはようブログ  

ITSMの話

みなさん おはよう

ITSM(IT SERVICE MANAGEMENT)に準拠した保守サービスを提供したいと、ずっと思っています。
社内教育の場面でも何度も話題にし、そして実際にその一部を顧客サービスに実践したりしています。
この方向性は、顧客とそれを受ける「セクション」(もしくはベンダー)にとって「WIN WIN」である自信があります。

しかしながら、なかなか急速には浸透していかない現実もあります。
多く場合、このプロセスの導入効果は、マルチベンダーのシステムを採用している企業にはっきり現れます。
ユーザーが独自で保守セクションを持ち、運用保守サービスをしている場合は比較的スームーズです。
そこには「標準化」などとという「大義名分」もあるわけですから。
しかしながら、複数のベンダーがアウトソーシングで保守を請け負っていりる場合は、難航します。
ある意味、既得権に対する意識が、壁を作るからです。
アウトソースを発注するユーザーサイドも、開発ベンダーから「責任もてませんよ」などと言われてしまえば、二の足を踏みます。

しかしながら、「単一窓口における統括的保守サービス」の必要性は明確です。

何年か前から、ITSMを積極的の顧客に紹介してきました。
でもITILを説明し、その潜在的効果を主張するだけでは事は進みません。
顧客には「具体的な効果」の提示が必要なのです。

今、開発中の「システム」はその具体性を示すためにも、必需なのです。
思い続けた保守コンセプトを、うまくこの商品がわかりやすく「説明」してくれる希望をのせてプロジェクトを進めていきたいと思っています。
[PR]

by pridm | 2006-12-20 10:51 | おはようブログ  

踏み出したものだけに見える光

昨日は、以前ぼくたちの会社で活躍してくれたTさんが来社してくれました。
そして今、彼女が進めているある「事業」についてのお話を聞かせてくれました。

何ヶ月か前にも、その話を少しだけ聞いてはいました。
それから時あるごとに、そのサイトを強い関心を持ってみていました。
そして彼女はまたもう一歩、前へ進もうとしています。

情熱を持って、「それ」と向き合っているその姿に深く感心し、なにより感動しました。
そしてとても、輝いて見えました。

事はなんであれ、ひとつのことに「邁進」する姿は美しいものです。
まっすぐな志が、それを実現へと導く・・・・。

そんな気持ちの余韻を持ったまま、帰宅して、夜、観た映画の中に、またクロスオーバーする言葉がありました。

「この汽車がどこにいくのかなんて、重要じゃないんだ。まずは乗り込んだってことが大切なのさ」

前に歩きだしたものだけに、見える世界があるのです・・・・・・。
[PR]

by pridm | 2006-12-19 10:41 | おはようブログ  

保守ソリューションとナレッジ・ツール

随分と前から、顧客に「システムを横断した単一窓口の保守」を提案してきました。
マルチベンダーで各セクションに多くのシステムを導入されているその顧客には、とても有益な提案なはずでした。
今まで多くのシステムは、開発したメーカーがそのまま保守を請け負う形がほとんどです。
保守の「お仕事」が欲しいがために、あえて開発費用をかなり値引いて受注することもあるくらいです。
しかしながら、単一なシステムならまだしも、複数のシステムが存在する場合、そのシステム分の「保守システム」が存在し、コストも人もその分かかります。なにより、メーカー、ベンダーの思惑も絡み、それぞれのシステムの情報を共有できず、縦割りの穴の多い保守になっています。

提案してきたのは、メーカー、ベンダーがその「垣根」をこえてコラボレーションし、単一の窓口を提供できるような保守スキームを作っていくこと。そして、それを実現させる手立てとして「ナレッジ・ツール」を導入し、物理的情報の共有促進を図ること・・・・・。
しかしながら、その「縦割り構造」と「既得権を守る閉鎖体質」を打ち破れないでいました。

5年もまえから提案し続けてきた話を、ようやく聞いて頂けるチャンスが巡ってきました。
個々の保守のお仕事は、ぼくたちも含めて大きく変わります。
ひょっとすると、それぞれの「お仕事」のボリュームは小さくなるかもしれません。
しかしながら、「あるべき形」に移行していくことで、その先の光が見えてくるものと信じています。
メーカーやベンダーとのコラボレーションが必要です。
それぞれにお話をし、わかって頂けるかが「キー」です。
自分の利益の追求ではない、顧客優先の思いがわかっていただければ、顧客も保守ベンダーも、ともに「WIN」な結果が待っていると信じます。
[PR]

by pridm | 2006-12-18 10:38 | おはようブログ  

アメリカ Google社への出張

みなさん おはよう

グーグルのイントラ用検索エンジンのソリューション販売を開始したことは先日、お伝えしました。私達は開発中のイントラ・ナレッジ・ツールに組み込んで提案・販売していくつもりです。イントラ・ナレッジ・パッケージに関してはネーミングをしたりキャラを作ったり、販促用資料を作成したりという仕事がこれから待っていす。また開発も来年の一月末に向けて進めています。

これから検索ソリューションを進めるにあたり、グーグル社と「GEP」(ゲップ)と呼ばれる開発パートナー契約を進めようとしています。会社としての審査が通れば、複数のエンジニアにアメリカ・グーグル本社へ研修に行ってもらい、その基本的な技術と、そしてなにより文化、雰囲気に触れてきて欲しいと考えています。すでに二名の内定と一名の立候補者があったので、ぜひとも会社が審査に通り、具体的に進めたいと願っています。

環境は大切です。
いい環境に身を置くとき、すでにそこにはある「アドバンテージ」があります。もちろん、自分次第であることに変わりはありませんが、最初から「常識」が変わるのです。そんな意味での刺激を受ける場になればと、強く願います。
[PR]

by pridm | 2006-12-13 10:19 | おはようブログ  

万事に換えずしては、一の大事成るべからず

みなさん おはよう

年末なのですね、それともやはり、「時」が来ているのでしょうか。
いろんな「事業案件」が並列して動き始めています。
それはとてもいい状態なのですが・・・・・。

徒然草百八十八段にこんなくだりがあります。
(中野孝治氏 訳文)

だから一生かけてしようと思うことで、何よりもこんなことをしたいものだということがいくつもあったら、その中でどれが自分はほんとうにしたいのかとそれらをよくよく比べ、検討した上で、これが何より第一だというものをしっかりと思い定めよ。そしてひとたびそう決めたら、そのほかのことは全部捨てて、その一事に励むがいい。一日が経つ内、いや一時が経つ内にいろんなことが君に襲い掛かってくるだろうが、その中で自分の思い定めたことに役立つものを選んで行い、そのほかのことは全部捨てて、とにかく君が大事とすることを急ぐべきだ。どれも捨てまいと固執していたのでは、ひとつの事でも成し為し遂げるのはおぼつかないぞ。

(「閑のある生き方」から)

集中が大切です。全てを中途半端にすることはできません。
「時」の声に耳を傾け、大切なことをしっかりと為し遂げるのです。
[PR]

by pridm | 2006-12-12 10:44 | おはようブログ  

「ワンコ」キャラ

みなさん おはよう

週末の日曜日は天気もよく、海にはいけませんでしたが、息子とハイキングをしたりしてゆったりした気持ちの週末を過ごせました。
加えて今朝はこんなにいい天気。
いい仕事ができないわけがありません・・・。

今週は後半にかけて出張がはいるため、前半勝負です。
懸案の「イントラ・ナレッジ・ブログ」の計画・推進が一番のぼくの課題です。
製品機能のフィックス、独自性がある機能部分の実現方法の策定、具体的な画面などのデザインの打ち合わせ、ネーミング、キャラクター、販促パンフレットの作成・・・・などなど。
「キャラクター」だけはもうぼくの中で決まりはじめています。
それは・・・・「ワンコ」キャラ。
製品コンセプトが「ためる・わける・さがす」だから、ワンコが「穴掘って埋めたり」「匂いをかいで探したり」・・・てなんとなく似てるでしょ。(わける・・・はしないけどな)
たれ耳のゴールデンみたいな犬を想像していて、いろんなグッズなんかも作りたいなぁ・・・。
なんて製品の機能の検討なんかより、よっぽどこっちの検討のほうが面白い。
まあ、「思い」が込められる製品にするためにはこんなことも必要かなって・・・。

晴れてのは今日、明日までくらいらしい。
晴れてるうちに、どんどん、進めなくちゃ・・・・・。
[PR]

by pridm | 2006-12-11 10:41 | おはようブログ