新規事業提案

昨日は東京のあるスタッフより「新規事業提案」があって
その提案会を本社で行ってもらった。
その内容は、大きなこの業界の流れを反映しているし
なにより社内の隠れた力をバックボーンとした提案であり
「最初に人ありき」というコンセプトにもマッチして
すばらしいものだと感じた。

そしてスタッフの中からボトムアップの形で
このような提案があることに嬉しく感じた。

この提案に賛同する、共感するスタッフが集まって
そこでもっと深く意見の交換をし、「集合知」で進めていけたら・・と思う。
ぼくはそんな環境をできるだけ作り、そしてぼく自身も
その中でできることを探していきたい。

どんどんスタッフの中から、業務の改善や新規の事業についてなど
新たな提案が沸いてくることを望んでいる。
それにはそういった「提案」をどれもひとつ残らずちゃんと受け入れ
そして真摯に対応する会社というチームの体質が必要だが・・・・。
少なくともぼくはそれを嬉しく思っているし、未来のぼくたちの
チャンス・メイクになると信じている。

提案してくれた「彼」は日ごろもの静かなエンジニアだ。
でも、提案会のときの彼の言葉には力があったし、気持ちがこもっていた。
それをぼくはとても心強く感じた。
これは、ぼくたちの会社の新しい一歩のような感じがしてならない。
[PR]

by pridm | 2007-11-22 13:27 | おはようブログ  

<< CMS(コンテンツ・マネージメ... 「仲間」探し >>