異業種から学ぶ

ITというくくりの業種はずいぶんと多岐に渡って広い。
だから「IT業界」と一口で言っても、ずいぶんとやっていることに差があって
もう少し細分化された業種分類がもう既に必要なのだと感じる。

最近、異業種であっても弊社と同様な「サービス形態」を踏んでいる会社に興味をおぼえる。
それも長く続き、常に変化している、強い「中小企業」に・・・・。
小さいから貫かれる会社のビジョン、経営者の「動き方」、
優れたチームのような一体感。
そして速さ・・・・。
いまさらながらに、ぼくは学ばねば・・・と思う。


ぼくは異業種の同様なサービスの展開をしてみえる企業訪問を、これからは積極的に
していこうと思う。
多くのヒント、そして「勇気」を得ることができる。
ぼくには、いまさらながらに、そんな「刺激」がいるのだ。
ぼくは学ばねば・・・・と思う。

後輩ががんばって事業を展開している。
最近はじめた彼のブログを読めば、そこには若いエネルギーがあり
うなづきながら、改めて気づく事柄もたくさんある。
彼ががんばっていることは、ぼくに「勇気」を与えてくれる。

自分だけはない、多くの人、クライアント、スタッフ、家族、友人に支えられて
ぼくは、会社は、成り立っているのだ。
感謝・・・・・。
会社はそんな思いの「結晶」でありたいものだ。

今日は午後から、NPOで子供の教育問題を実践している先輩とお会いする。
[PR]

by pridm | 2007-10-29 12:43 | おはようブログ  

<< 変わるということ・・・ 金沢にて >>