集合知

集合知。
そしてウィキノミクス・・・・。
web2.0の概念が広まるプロセスの中で、その「効果」や実績が
形をなしているのを目の当たりにする。
多くのオープンなソフトウェアやサイトに集積された「知恵」・・・。

そして組織も、「ヒエラルキー」から「フラット」になっていく。
すべてが、すぐにではないけれど。

小さな会社も同じだ。
小さな会社に「ヒエラルキー」は不必要。
ビジョンが明確にあり、そこで「個」が最大限にそのパフォーマンスを
発揮できる環境作りが不可欠だ。
最低限の規範の中で、個の力を最大限に引き出せる「環境」。
小さな「ウィキノミクス的」アプローチが、必要だと感じる。

そしてその原動力となる「ビジョン」。
ぼくらの会社はその「ビジョン」を再度、設定するタイミングだと、今、感じる。
その創生は、思いのある「みんな」と作っていきたいと、強く思っている。

昨日は本社から離れた場所で活躍してくれているスタッフと面談をした。
ぼくにとって、エネルギーと勇気をもらえた時間となった。
帰り道、東名の渋滞をさけて真っ暗な山道を走りながら
ぼくは感謝と未来への期待で、いっぱいだった・・・・。
[PR]

by pridm | 2007-10-18 11:37 | おはようブログ  

<< 「人」からエネルギーをもらうと... ビジネス・ゲーム >>