困難よりも夢

一週間ぶりの「本社」。
新たな心持で本社の扉をあける。
何も変わっていないけれど、ずいぶんと違う感覚なのは自分が変化しているからだ。
ゆっくりと変わっていけばいい・・・・そう思っていたけれど、その機会は突然訪れる。
それを今度は実感した。
内部的にも、外部的にも・・。

これから月末まで、スタッフと話を詰めながらも、クライアントとの時間を多く作り
「策定」したビジョンの確信を得るとともに、微調整をしていかねばならない。
これは随分と範囲が広く、骨の折れる作業ではあるが、同時に「夢」のある仕事でもある。
このゆく先に「光」が見えるから、そのプロセスにワクワクする。

昨日はずいぶんと長い時間、いろんな会社の「社長ブログ」なるものを読み漁った。
業界は違えど、経営に思い悩む内容はよく似ているものだ・・・とも感じた。
ブログを書いているのは多くは「若い経営者」たちだ。
そして概していえるのは、目前の困難よりも夢に対する期待のほうが大きい。

今日はスタッフとの面談、クライアントとの打ち合わせ、7件ほどの予定が詰まっている。
天気は悪いけど、夜には晴れる。
星空を見ながらいい気分で帰れるよう、がんばろう。
[PR]

by pridm | 2007-10-09 09:45 | おはようブログ  

<< 新聞メディアの変革 ビジョンの再生 >>