携帯電話

インターネットの普及により、随分といろんなことが
変わりました。
「情報」を仕入れるのには、もう「依存」に近いほどネットに
頼っています。
以前のようにいくつかの本屋を巡ったり、図書館に篭る事も
少なくなりました・・・・・。

でもネットの普及とともに、劇的にその普及を遂げたのは
なんと言っても「携帯電話」でしょう。
今から20年前、それは一般的なものではなく
今の携帯電話の状況をもしそのとき想像していたなら
それは「SFの世界」の未来像でしかありませんでした。

それからほどなくして市販された「携帯電話」は大き目の
テレビのリモコンを二つか三つ重ねたボリュームがあって
そしてなかなか繋がらなかった。
利用料金も、現在の「衛星電話」に比べても高いものでした。

新しく携帯電話を換えました。
とても薄いモデルです。
今ではあたりまえかもしれないけれど、これを見て
そしてあの頃のことを思い出すと、ぼくはあのころの「未来」に
生きているんだと感慨深いものがあります。

きっと、「インフラ」が先に整い始めているのでしょう。
ネットも携帯も、それが引き金になってライフ・スタイルが
変わろうとしている。
新聞を含めて、今までの「文化」がその変化に融合していくのか
はたまた、新たな「文化」が構築されて「過去」になるのか・・・・。
新しい携帯電話を使いこなせず、見つめながら、思いにふけっています。
[PR]

by pridm | 2007-07-24 10:46 | おはようブログ  

<< 人生はまだ長い・・・・ 電子ペーパー >>