結果責任

みなさん おはよう

昨日ぼくが時々見るテレビ番組「ガイアの夜明け」のテーマは
「起業家はいま・・・ ~ライブドアショック後のベンチャー像~ 」
でした。
とても興味深く、それを見ました。

「ベンチャー=拝金主義」というようなイメージが、若い世代の
イメージと聞きます。
そんな中で【社会のためになってこそベンチャー “社会起業家”という生き方】
そんな生き方をする若者を番組は追っていました。
彼は学生時代IT事業を起こし、規模を拡大し、しかしながら
その中で「自分が社会のためになっているか、わからなくなった・・」
という理由で、その会社の社長を降りたそうです。

世代は違いますが、その感覚はわかる気がします。
どうして事業をしているか・・・そう聞かれたら、ぼくはこう答えます。
「自分が創っていく、提供していくものが社会に役に立ち、認められる
喜びを感じたいし、その喜びがまた自分が新たななにかを産み出す
好循環を自分の手で作り上げたいから・・・・」
ここで、「社会の役に立つ・・」実感がとても必要だと感じるのです。
IT企業の多くの仕事は、エンドユーザーへ何かを
サービス・供給する会社への「IT道具」の提供です。
もちろん、先進的ですばらしいソリューションであれば
提供する業界に大きな効果を生み出すことができます。
それが喜び・・・それももちろんそうです。

でもできれば、それが直接「社会」と結びつく実感のある形態で
社会と繋がっていたい・・・。
それならば、具体的にその「サービス」や「商品」の評価を
「社会」という単位から受けられる。

ビジネスのチェーンを辿っていった最後、そう結果責任を
とることができる事業に、ぼくは魅力を感じるのです。
そしてその前提は、「社会の役に立つ」こと・・・。
このように今、ぼくが思えるのはきっと年齢を重ねたからです・・・。
あの若き「社会企業家」は、若くしてそれを見据えていることに
驚きと尊敬の気持ちでいっぱいです。
[PR]

by pridm | 2007-05-23 10:21 | おはようブログ  

<< 「建築」というお仕事 フィランスロピーに思う >>