Wikiの世界

みなさん おはよう

ずいぶんと前から、Wikiを使ったいくつかの「事例」を垣間見てきました。
Wikipediaはその一番メジャーなものでしょう。
そしてぼくたちが「ナレッジ」に絡むプロジェクトを進めるとき
この「Wiki」について無関心ではいられない、それどころかかなり
多くの部分でクロスオーバーする状況になってきました。

米国ではもとより、ここ日本でも多くの「Wiki」を使ったソリューションが
展開され始めています。
企業向けに「Wiki」をカスタマイズし、それを導入支援するサービスが
盛んになり始めています。
あの「Google」もそんなソリューションはする会社を買収したりしています。

ぼくたちの「ナレッジ」にこれがどう影響を与えるのか。
積極的に取り込んでいくのか、そのようなもの・・・を作り出すのか。

ネット上に投稿されている興味深いコメントがありました・・・・・。

「いくつかの意味においてソーシャルネットワークはWikiだと言えるだろう。
誰もがコンテンツの自分の部分を編集できるからだ。
実際、インターネットは全体としてさまざまな制約を持つ
1つの大きなWikiだと言うことができる。
そして、コンテンツを管理しているとき
Wikiは小さなインターネットのように見える。」
CNET JAPAN より・・・・・
[PR]

by pridm | 2007-05-08 10:44 | おはようブログ  

<< 社員の創造性 体調管理 >>