MPA*H

みなさん おはよう

「M・P・A」とは、会社の経営を論ずるとき、よく出てくる言葉です。
Mはマーケティング。
言うまでもなく「営業」的要素です。
Pはプロダクション。製造、製品という意味だけでなく、会社によっては
「サービス」と置き換えて考えます。
「生み出し、ビジネスとして提供する、なにか・・」でしょうか。
Aはアカウンティング。会計処理です。
経理と言うより、財務、これが大事です。
そしてアカウンティングの内容には、キャッシュフローのコントロールが
中小企業には大きな命題です。

そして、なにより大事なのが「H」のヒューマン・マネージメント。
採用、教育、継続的モチベーションのコントロール・・・などがそれです。
この四つの要素は、掛け算で成立すると言われています。
つまり、どのひとつの要素がゼロだったりすれば、解は「ゼロ」に
なってしまいます・・・・。

小さな会社は、この四つの要素のバランスが大事です。
そしてそのバランスを取る方法は、もちろんそれぞれのセクションの
コミュニケーションだったりするのですが
もっとも小さな単位で四つの要素を、そこにいるメンバーが
「帰結」させることが大事だと思っています。

それが、結果、仕事を面白くさせる・・・・そう思います。

上記のような話を、先週の全体会議で、みなさんにお話しました。
そしてそれは既にある部分で、社員自身によって実現されていて
ぼくはそれを目の当たりにし、確信を持って伝えられたのでした。
[PR]

by pridm | 2007-04-09 11:02 | おはようブログ  

<< ナレッジ 石積みの意味 >>