健気(けなげ)

みなさん おはよう

休日、海で強い風の吹く中、なんどもなんども飛ばされながらも
繰り返し繰り返し同じ技を練習する、サーファーをみかけました。

また別の日、息子と公園へ散歩に行った際に
補助輪こそまだ付いてはいますが、同じ場所をグルグル・・・・・。
三歳の息子は真剣な表情で、一時間近くも回り続けました。

「健気(けなげ)だ・・・・・」
どちらも、そう感じました。
一心不乱、そのことに対してのみ集中し、打算や妥協などなく・・・・。

特に若き時代は、そんな風に物事に取り組み、そして真っ暗な先に
突然「光」が見え出した・・・・そんな繰り返しだった気がします。
そこに、翌日のことや怪我をすることを心配した「妥協」はなかった。
大人になり、先を見ながら今を歩き、「無心」になることを
忘れかけてる気がします。

ぼくが今欲しいのは、いや、ぼくに必要なのは
「子供のような健気な心」。
結果など意味はなく、そうしたいから無心にがんばる心。

若き経営者が多いこのIT業界。
「奔放で子供のような、そして健気な気持ち」
それを持ち続けなければ、到底かなうわけがありません。

子供に、若い後輩に、学び、気づかされる最近です・・・。
[PR]

by pridm | 2007-03-27 10:23 | おはようブログ  

<< 幾何学的マーケティング 「GRUPO」のこと >>