「マクロ」と「ミクロ」

みなさん おはよう

「マクロ」と「ミクロ」。
この場合、あるプロジェクトの流れの中での「視点」のことを
いっています。
クライミングの話で恐縮ですが・・・・・。
1000mに及ぶ壁に臨むとき、最後に近い、ほんの50cmの課題が
クリアーできないことがあります。
「クリアー」するとは、ただ単に登ればいいということではなくて
自分の思うスタイルで、解決するということです。
そこまですべて、「フリー」(人工的な手がかりをいっさい使わないこと)
で登ってきたとして、それを追求してきたとして、その50cmのミクロな
局面で、そのコンセプトを曲げてしまえば、下からそこまでの
いや、自分がずっと進んできた道すら、否定することになるかもしれません。
数日にわたってその高みに来たとしても、その50cmのために
下る・・・そういう選択をするクライマーをぼくは知っています。
そのミクロな課題を後回しにして、ないがしろにして、前に進むことに
意味を感じないのです・・・・・。
山頂に到達することに、ほんとうは意味はないのです・・・・。

マクロに全体を俯瞰し、ミクロな部分に焦点を合わせる。
仕事もクライミングも、おんなじなのだと感じます。

昨日は、「Google社(日本)」へお邪魔しました。
受付横には、畳ばりの会議室があり、印象的でした。
ぼくたちのコンセプトを詰めた、「GURUPO」を紹介し
そして今後のビジョンをお話しました。
ミクロの一歩を、踏み出した「感」です。
長く、不可能にも見える「ゆくさき」だけを見つめれば
途方に暮れるかもしれません。
でも、目も前の、この「一手」には、難しくとも可能性を感じます。
その積み上げなのだと、思い出します。
[PR]

by pridm | 2007-02-01 10:21 | おはようブログ  

<< 「疾風に勁草を知る」 東京出張 >>