今年、最後の週をむかえて

みなさん おはよう

今年、最後の週になりました。
毎年、「今年は早かった・・・」などとつぶやいていますが、終わってしまえば早く感じるのが普通です。
実はあったのか・・・・・。
明確な形にはならなかった・・・・これが現実です。
今年は実はなりませんでしたが、確実に思いに対して「植えて」「水をやる」
ことを続けることができたと感じています。
今年の初めに胸をときめかした事業案件が、今になって変わらず輝いているし
いやもっと、確実な光として見えている気がするからです。
今までの事業をベースに、新たにジャンプしようとしている新事業は
「ちゃんと育っている」と確信しています。

今までのコア・事業は・・・?
先日、事業部長から、顧客からとてもいい評価を頂いた・・・と報告を受けました。
システムの運用保守サービスは、「守ってあたりまえ」と思われがちで
派手なヒットやホームランは少ない。
そんな中で、顧客がい「いいサービスだ」と感じてくれるのは、この事業冥利につきます。
なにより嬉しい。
あらためて、顧客満足のうえに、ぼくたちサービスは成り立っているのだと
再認識します。
そして、それが自分達のやりがいや進歩に繋がり
いいポジティブサイクルを作る。
コア・事業はとてもいい「今年」を遂げた気がしています。

来期に向けて・・・とても選択肢が多いのが「特徴」です。
これは、流動性・・とは違います。
ある明確な方向性を持ったビジョンに沿って、選択するアクション・プランが
多いということです。
事業は子供の教育にも似ていて、最初にアドバンテージの高いポジションに
身を置くことが「勝ちパターン」のひとつとして重要です。
そのアドバンテージとは、どんなにまわりの状況が変化しても、
思いをまげずに進むことができる多くの選択肢を持っている・・・
ということだと思っています。

愛読書の「ビジョナリー・カンパニー2」ではこんな文章がありました。
「最初にバスに乗せる人を決める。そして行き先を決める」
これは、大きなビジョンに共感した人たちが集まり(集め)、そしてその人たちの
パフォーマンスがその具体的な「アクション」を決める。
ときには最初に設定した大きなビジョンですら、その人によってポジティブに進化する・・・・。

そうです。
結局は、そこにいる人が「行き先」を決めていくのです・・・・。
そしてそれが「選択肢」の多さに繋がることをあらためて思い知るのでした。
[PR]

by pridm | 2006-12-25 10:47 | おはようブログ  

<< Web2.0を自分の事業へ読み解く 進捗報告 >>