万事に換えずしては、一の大事成るべからず

みなさん おはよう

年末なのですね、それともやはり、「時」が来ているのでしょうか。
いろんな「事業案件」が並列して動き始めています。
それはとてもいい状態なのですが・・・・・。

徒然草百八十八段にこんなくだりがあります。
(中野孝治氏 訳文)

だから一生かけてしようと思うことで、何よりもこんなことをしたいものだということがいくつもあったら、その中でどれが自分はほんとうにしたいのかとそれらをよくよく比べ、検討した上で、これが何より第一だというものをしっかりと思い定めよ。そしてひとたびそう決めたら、そのほかのことは全部捨てて、その一事に励むがいい。一日が経つ内、いや一時が経つ内にいろんなことが君に襲い掛かってくるだろうが、その中で自分の思い定めたことに役立つものを選んで行い、そのほかのことは全部捨てて、とにかく君が大事とすることを急ぐべきだ。どれも捨てまいと固執していたのでは、ひとつの事でも成し為し遂げるのはおぼつかないぞ。

(「閑のある生き方」から)

集中が大切です。全てを中途半端にすることはできません。
「時」の声に耳を傾け、大切なことをしっかりと為し遂げるのです。
[PR]

by pridm | 2006-12-12 10:44 | おはようブログ  

<< アメリカ Google社への出張 「ワンコ」キャラ >>