移りゆく時代・・・

ぼくのオフィスからは、時代の流れを強く感じるものが「ふたつ」見えます。
ひとつは「テレビ塔」。
地上波デジタルへの全面移行にとまない、その使命を終える運命にある名古屋のシンボル。
東京タワーも同じ運命ではあります・・・・。

それからもうひとつは、会社の真下に見える「老舗料亭」。
丸の内にして、広い敷地をもち、まわりをだんだんと建替えられる新しいオフィスビルに囲まれ少し寂しげな風情・・・。
ここは、誰もが知っている名古屋の老舗で、400年の歴史があるそうです。
建物は文化財の指定もうけている・・・・。

時代は流れています。
その中で、ほんとうは「人」はそんなに変わっていないのに、とりまく環境、ビジネスとか町並みとかは随分と変化しています。
ずっと変わらないいて欲しいものもあるし、変わらなきゃいけないものもある・・・・。

ぼくたちの業界すら、この20年で随分と大きく変わりました。
今では、あの頃と比べれば、違う業種にきたみたいです。

テレビ塔の行く末、老舗料亭の今後・・・・。
どちらも興味深く、見守っていきたいと思うのです。
そして、そこからぼくたちが学ぶものは・・・・・・。
[PR]

by pridm | 2006-12-04 10:38 | おはようブログ  

<< 時が成す オフィスのまわりの「冬」 >>