ぼくたちの「思い」のゆくえ

この「思い」とは、ぼくたちの製品に希望を乗せてリリースしていくことを指します。
思い起こせば15年前、ぼくたちの会社は最初の商品を世の中にリリースしました。
商品名は「PSLIP」。
これは、デパートのお中元売り場とかで、配達先を手書きで書かれたものを、パソコン上に取り込み、デジタルデーターとして「文字認識」して、配達伝票に転写できたりするパッケージです。西濃運輸さんにご購入頂いたことに気をよくして、セールスチームを作り、拡販を目指しました。
結果は・・・・・拙いマーケティングのためか芳しくなく、いつか社内でも忘れ去られてしましました・・・・。
それ以外にも、いくつか製品化したパッケージがあります。
今でも、独創的だったなと思える「コンセプト」に満ちたものも存在します。
でも、陳腐でつまらいないものも・・・。
若さでしょうか・・・・勢いでしょうか・・・・・。
強く、信じていました。

ここへ来て、新たな商品のリリースに向けて、前に進んでいます。
商品コンセプトは「貯める・わける・探す」。
それをイントラ上で実現するツールです。これの進化の先は「社内ナレッジツール」です。
これがすぐに、売れるとは思っていません。そんな甘いものではない。
でも、一歩前に歩き出すことによって、見られるはずの「景色」を見たいのです。
きっと、もっと前に、新たな確信を持って進めることを予感しています。

来年の1月末にベータ版リリース。
3月公開を目指します。
[PR]

by pridm | 2006-11-29 10:19 | おはようブログ  

<< オフィスのまわりの「冬」 子供の将来 >>