手帳

みなさん おはよう

ぼくは徹底的にアナログ思考なので、PDAとかPCを持ち歩いたりしません。
ぼくのビジネスに必要なのは三つ、手帳とシャープペンと、方眼紙・・・です。

手帳は・・・昨年から「ほぼ日手帳」を使っています。
スケジュールが記述しやすく、なによりすべてのページのバックが「方眼」で薄く刷られていること。これにぼくは、ちょっとしたアイデアとかを書き込んだりします。
シャープペン・・・アナログ派のぼくは、これは拘っています。「ロットリング」のシャープと2色のボールペンと、マーカー!まで付いた優れもの。失くした時のバックアップにもう一本持っています。
方眼紙・・・これはソフトウェア・デザインをするとき、経営プランを練るとき、ぼくに必需品です。A3版の大きいのとA4版の小さいの。オフィスのデスクに1セット、かばんの中にもう1セット。

そうそう、忘れていました。
「付箋」も大切です。本のしおりがわりにも使うし、ペンディング項目があると書いてペタペタとあっちこっちに貼ります。手帳の中すら貼ってあります。
いろいろ忘れっぽくなっているので、おでこに貼っておくのもよいかもしれません・・・・。

そろそろ手帳を「更新」する時期になってきました。
ほんと、一年なんて早いものです。
ここから年末までの時期は、来期にとっても重要なタイミングです。
経営計画の練り直しから始まり、来期以降の戦略の確度を上げる必要があります。

慌しい・・・でも期待に膨らむ時期でもあります。
[PR]

by pridm | 2006-11-16 11:10 | おはようブログ  

<< 数学的素養の力 オフィスの「かたち」 >>