ブログの意味

みなさん おはよう

このブログは、2年ほど前から全社員に向けて「おはよう メール」というタイトルで、毎朝、その日の「思い」を綴っていたものを、「外」にも発信するために「追加」したものです。
相変わらず、「メール」はブログとともに送り続けています。

一方通行に見えるこの「発信」ですが、折に触れそこで書いた内容を引用して話をしたり、会議でのテーマにしてきたりもしました。
「会社」の事業に関わる内容なので、顧客と守秘義務があるような部分に関しては書けませんが社内のこと、自分のことはできるだけ「あからさま」に書き、自分自身をも見つめる必要があると考えています。いいことだけを発信するのでは(社内にも社外にも)なにも自分たちは変われないと思っているからです。

20年近くも続けてきた会社を「変えよう」としています。
培った、いい部分もたくさんありますし、うまく機能しているセクションもあります。
しかしながらまったく初心に帰って、やり直すくらいの思いなのです。

自分たちの業態をIT業界の中でも、「ITサービス業」と分類していました。
これは「システム運用保守」を一括してお引き受けしている事業が相当しています。
そのサービスのコア・コンセプトに「ITIL」を据え、「守り」的側面から「攻め」の部分を強く打ち出しシステムの成長に深く寄与できる「サービス」を展開したいと考えています。

しかしながら、それとともにわたしたちに求められているのは、独創性のある他の追随を許さない「テクノロジー」です。
「テクノロジー」に裏打ちされた、システム・ソリューション、そして前出の「サービス」。
これが、これからの僕達に不可欠です。
価格や便利さのために、わたしたちは「存在」しません。
「わたしたちにしかないもの」を提供するために、この事業を続けていきたいのです。

多くの「キーワード」を「おはよう メール」で発信してきました。
基本的には「内」に向って・・・です。
そこに、具体的なレスポンスや効果を期待したわけではありません。
ぼくが、こんなことに興味を持っている、会社は今こっちを向こうとしている・・・・そんなリアルな
息吹きみたいなものが伝われば、そこにオンリー・ワンの「テクノロジー」の必然性やそれに向った会社の変革を感じとってもらえるとは思っていました・・・・・。

先日の全体会議で、少しぼくはショックでした。
発信し続けている・・・と信じていた、「キーワード」がほとんど「スルー」している事実を垣間見たからです。もちろん「期待したわけではない」と書いたように、それだけで何かが変わるとなんて思ってはいません。
しかしながら、穏やかな池に石を投げたくらい・・・のちょっとした「波紋」くらいはあるだろう・・。
そう思っていました。
少し、自分を過信しすぎたようです。

日ごろの仕事をこなしていく中、新たな「何か」を意識しながらやっていくことは難しいことではなく「意識」の問題だけです。
その「何か」を考えずに、流れれば、いつしかその仕事は単調になり本人にとってもつまらない
ものになるのは見えています。

そしてなにより、そこに新たな「価値」は生まれず、テクノロジーを失った「サービス」は顧客から見放されるでしょう。

今日このメールを最後に、ぼくは2年にわたった社内メールへの発信をやめます。
ぼくがどう思っているか。
何を悩んでいるか。
どんな手を打とうとしているか。

もし、少しでも垣間見たいと思ってくれるなら、このブログをみてください。
これは、書き込みもできる、「ブログ」なのです。
[PR]

by pridm | 2006-10-18 10:47 | おはようブログ  

<< エンジニアを育てる環境 ビジョナリー・カンパニー >>