点と線

みなさん おはよう

「青くさい」経営者ではあります。
下請けはやらないとか派遣はやらないとか、常々言っていますが
所詮そんな言葉は「コンプレックス」の裏返し。
そんな「事実」がこの事業の本質ではありません。

ひとつの、「行動規範」・・というか「戒め」みたいな
ものなのかもしれません。
流されるな・・・そう自分に言い聞かすための。

思いが深く、心が震え、そして未来へのビジョンに裏打ちされた
仕事をしていきたい・・・そう思います。
理想ではあります。
でも、日々、目の前の「課題」をひとつずつその「繋がってるのもの」に
後押しされながら、時には確認しながら進めばそのときには
ひとつの「点」をそこに置いていくような感覚ではありますが
しばらくずっと進み、そして振り返り、俯瞰したときに
それはずっと繋がる「一本の線」になっている・・・。

見えない線が、ときにぼんやり、一瞬くっきり、見える気が
しています。

この「線」は、幻影でしょうか・・。
[PR]

by pridm | 2006-10-04 09:59 | おはようブログ  

<< 新聞社のビジネスモデル 憤りと失望 >>