スプリンター

みなさん おはよう

いよいよ10月。
今期、最終quaterの始まりです。
今一番大きな開発プロジェクトがこの年末までの3ヶ月で
「形」になります。
構想に約一年、設計に6ヶ月余りをかけて3ヶ月の開発期間は
とても短く、不釣合いに感じるかもしれませんが、それが
今後の「タイム・スケール」だと思い、信じています。
フィジカルな、コードを書くような開発部分の期間短縮は
その明確な方法論を間違えていなければ大きな効果を
期待できる「時代」なのです。
この「プロジェクト」はそんな部分でも「試み」であり
次に繋がるプロジェクトです。

開発に3ヶ月、そしてテストに3ヶ月の予定ですが
その間は、まるで「息を止めて走る」スプリンターのような
心境です。
しかしながら、そこに常に送り込まれる「酸素」が不可欠な
プロジェクトであり、矛盾しますが有酸素運動的なスプリント・・なのです。
しっかり酸素を取り込む、ブレーク・スルーを何度も
繰り返す必要があります。
短い期間ですが、その中に、効率的に酸素を取り込む
仕掛けが、このプロジェクトの「キー」でもあります。

まあ、言ってみれば、「ヨガ」みたいな動きを持った
プロジェクトになれば・・・。
呼吸・集中・継続・柔軟・そしてその繰り返し・・。
[PR]

by pridm | 2006-10-02 10:10 | おはようブログ  

<< 憤りと失望 次の一手 >>