「パレートの法則」と「ロングテール理論」

みなさん おはよう

ここ何日か、「パレートの法則」と「ロングテール理論」とが
頭の中を交錯しています。
「パレート・・」はご存知の20:80の法則とも言われる
理論で簡単にいえば「大切なものは20%の中にある」
というものです。そしてその理論の応用範囲はとても
広く、マーケティングをはじめとしていろんな場面で
使われています。
もちろんWebでのマーケティングでも応用されてきました。

そして「ロングテール・・・」。
これは今までの理論で言えば「必要でない80%」
なのですが、「可能性を秘めた80%」と思考を変えることで
少量・多品種であった80%が「重荷」ではなく「重要」に
なるといったものです。
結局、「パレート・・」の結果を覆すことになります。

それを、自分の会社にあてはめて、ずっと考えていました。
そしてまた、クライアントである新聞社にあてはめて
考えています。

応用範囲の広かった「パレート」。
そして、Webの変革により台頭してくる「ロング・・」。
少し、もやもやしていた「次世代の新聞」について
光が見えてきた気がします。
[PR]

by pridm | 2006-09-21 11:20 | おはようブログ  

<< オープン・ソース 大事を思ひ立たん人は >>