ラボの設立

みなさん おはよう

ぼくがよく見ているニュースサイトで、ある記事に目が止まりました。

「技術と事業を結びつける鍵--「ラボ」の存在意義を検証する」

IT業界における技術の重要度とその存在意義・・のような
ことがメインテーマのニュースでした。
ここで言う「技術」とはもちろん「知識」ということ
ではなくて、この業界のビジネスやスキームを変革できる
ような「もの」であり、そこには新たな発明的部分も
あれば「利用技術的」な応用技術もあるわけです。

会社を「オンリーワン」に育てるためには、そこには
他にない「サービス」と「技術」が必要になります。
どちらも、このビジネスでは不可欠と思えます。

この「技術」的要因を進めるために、決してこの記事に
触発されてのことではありませんが、「ラボ」を作ります。
R&Dをする「ラボ・チーム」は経営企画室の中に置き
テーマを絞り、調査、研究、そしてプロトタイプの開発までを
行います。その詳細な計画はこれからですが、もう既に
そのテーマは「暖めて」あります。

研究とビジネス。難しいバランスではありますが、でも
常にマーケットを意識し、タイミングをはずさないことを
念頭に置き、進めたいと思っています。

まずはチーム構成はぼくと、Mさん、Nさんです。

詳細はまた全体会議で・・・・。
[PR]

by pridm | 2006-08-09 10:20 | おはようブログ  

<< 長崎の原爆 スピードが必要・・・・。 >>