ナレッジ・ツール

みなさん おはよう

全国的にすごい雨・・・。
ぼくの親戚が住む、長野県岡谷市も随分とひどい状況の
ようです。災害の予測は難しい。事前の施策をすれば・・
との声も、何か起こればあがってきますが、起こってからの
意見は評論家的で意味が薄い。

学生時代、河川の氾濫の歴史を追い、そこから統計学的に
産業の興亡や、土地利用の変遷を研究したことがありました。
ここで今思うのは、このような災害に対する対処プロセスは
ぼくたちシステム運営をしているプロセスと同じであると
いうこと。

日ごろに起こる、インシデントに個別対応し、それを
統計していく中で、トレンドを見つけ、事前に予防策を施策したり
「根本的」に見直しをかけ、リストラクチャリングする。
リアクティブ・コントロールとプロアクティブ・コントロールの
相互補完的両立がキーなのです。

もちろん、いろんなことには「予算」が必要ですから
完璧にできることはありません。そしてすぐにはできません。
しかしながらリスクを「わかっている」とか「予感する」
ことで、インシデントに対するワークアラウンドの
スピードが違ってくるのです。

そんなことを、サポートできる「ナレッジ・ツール」
が欲しい・・・。
ずっと長く、そう思っています。
[PR]

by pridm | 2006-07-20 09:39 | おはようブログ  

<< ヘルプデスク・センター構想 朝ヨガ >>