エンジニアの資質


みなさん おはよう

今日は梅雨の合間の「晴天」です。
上空は風が渡ってる感じで、雲が流れてる。
気持ちのいい朝です。

昨日、来客されたソフト会社の役員の方が昔
この地方では大きな「製鉄会社」に常駐されていたことを
伺いました。
ぼくもこの業界の新人時代、その製鉄所でしばらく勤務した
ことがあり、懐かしい人の名前やシステムの名前に
20年近く前の多くのことを思いだしたりしました。

日本でコンピュのーターシステムの草創期・・・。
基幹産業であった「製鉄所」はその生産の仕組みを
「コンピューター化」する最先端にいました。
大型コンピューターを何台も接続し、その生産の過程から
製鋼の機械コントロールまでを一環して行うものでした。
大きなフロアーにSEは集められ、見渡す限りエンジニア・・・。
その数は300名を超えていました。

そのころ、大型コンピューターとはいえその処理能力は
高くなく、SEは常にそのリソースを最大限に有効に使うための
「工夫」を要求されました。それこそが「エンジニアの能力」
みたいな風潮もありました。

同じコンピューターでも今とあのころは「別物」です。
そしてエンジニアに求められる資質も変わってきています。

「ITSS」を調査しながら、プライド・エンジニアが
今後身につけていく「スキル・セット」を策定しようと
していますが、その中でもやはり「ヒューマン・スキル」
の部分が結構重要だったりします。

結果、人間性を高められるような「スキル・セット・スタンダード」を
作っていきたいものです
[PR]

by pridm | 2006-07-04 10:02 | おはようブログ  

<< 学びの欲求 キャリアパス・フレームワーク >>