情報のリソース

みなさん おはよう

会社ではいくつもの「IT関連雑誌」を講読していますが
その内容は昔に比べれば多岐にわたり全てに目を通すのは
大変です。
しかし、今は最新号が届くとWさんが目を通して
ぼくが 「読むべきところ」に付箋をつけて置いてくれます。
ぼくはそれを大変効率的に、習慣的に、情報収集のための
リソースとすることができ、ほんとうに助かっています。
そして、その記事の内容はとても自分達の事業に密接なものが
増えている気がします。
そんな記事自体が物理的に増えていることもあるし
その「チョイス」も随分と的確になっている感じです。

最新号の気になる記事からのコピーをひとつ、ふたつ・・。
この記事のメインテーマは「これからの運用管理」
そして・・・
「転換期の運用管理、脇役から主役へ」
「運用=ビジネスの時代へ」
「運用管理ツールに対する期待が高まる・・」

脇役で「守る」スタンスから、保守を分析・計画・プランし
「攻める」スタンスへ。プロアクティブ・コントロールです。

これらはぼくたちの事業ビジョンの中にあります。
だからこんな風にメディアに取り上げられることを
とても心強く思います。
[PR]

by pridm | 2006-06-29 09:10 | おはようブログ  

<< 保守のナレッジ・ベース 新聞の未来 >>