アナログな心、デジタルな道具

太平洋の真ん中、マウイからの会社のグループ・ウェアは利用可能です。
ビーチサイドのバケーション・レンタルにも高速なワイヤレスの環境があり
ネットの不自由さはありません。
パソコンにしばらく向かっていると、「ここはどこ?」って感じになりそうです。

よっぽど、衛星の捕捉エリアから外へでも出ない限り、バカンスであっても
「現実」は目の前のPCにあります。

ぼくは基本的にアナログ人間です。
「楽しい」とか「綺麗」とか「震える」とかの感情を大切にします。
趣味も自然に関わるものが多く、海や山、星や風、なんてものが大好きです。

仕事はIT企業だからデジタル?
いえ、実はそうは思っていません。
CMSをはじめとして、提供しているサービスはデジタルで作られた商品です。
しかしながら、それはある意味、単に「道具」。
ぼくたちのビジネスは、その道具を使って、そこに「在る」、人や心や雰囲気
みたいな部分を上手にコーディネイトしていくことが、本質なのだと思っています。
デジタルな道具に溢れる今だからこそ、そこにある「アナログ」な部分を大切に
していきたいと思うのです。

デジタルで武装するアナログ思考のエンジニア・・・・・・。
目指す「像」はそんなところでしょうか。
[PR]

by pridm | 2006-06-22 21:05 | おはようブログ  

<< 素敵な本との出合い バイリンガルの「心」 >>