仕事のスタンス

みなさん おはよう

そろそろ東海地方にも梅雨入りの気配です。
九州は梅雨入りし、しっかり雨雲がかかっています。

だからではないのですが、少しテンションの低い朝です。
経営者だかといって、毎日テンションが高いわけでは
ありません。
テンションをキープしようと努力してはいますが
そこは、生身の人間。だめなときはだめです。

ひとつの理由は、ある金融機関の担当者とのやりとり。
彼は30歳少し前の、営業担当でしたが、それは最近には
みかけないほどの「思い込みの激しい」「会社のほうばかりみている」
営業でした。
いくつかの質問をしても、その場の言い逃れ的返答を
繰り返し、最後に少し「キレた」風情でぼくが言葉を返すと
今度は、手のひらを返したような返答に。
彼のやり口を見ていると、その銀行の全ての文化が
そうであるように思えてくるから恐ろしいものです。
結局、ぼくはそこと付き合わないデシジョンをするしか
ありませんでした。
今日の気分は全てそれのせいではありませが・・・。

前向きで、夢にあふれている人と会うのは好きです。
自分にまで、そのエナジーが伝わり、高められるような
気もするからです。
その反対で、そうではない人との場合、それもまた
「ネガティブなスタンス」の影響を受けそうになったり
なにより、どんよりと澱んだ気持ちの悪い後味になるのが
とてもいやです。

いろんなスタンスで仕事をしている人がいます。
どんな人と仕事をするのか。
どんなスタンスで仕事をするのか。
自分はどんな影響を人に与えているのか。

書いているうちに、少し気持ちは晴れてきました。
こんな日は、ペンディング案件を、端からひとつずつ
片付けることにしましょう。
[PR]

by pridm | 2006-06-08 09:30 | おはようブログ  

<< 社内風景 教育システムと文化 >>