小豆島

週末は一泊ではありましたが、小豆島へ出かけました。
「二十四の瞳」の映画を観たことがある人はいるでしょうか・・。
その舞台になった島です。
ヨットがその島の対岸の本州側に現在置いてあり
その整備を兼ねて訪れました。

バブルの頃は、2度目の映画の公開も重なり
きっと大賑わいな島だったことでしょう。
そんな、名残りの建物や施設が、古く再投資されることもなく
朽ちていっている様が、あちらこちらに見られます。

その一方では、半年先まで予約の取れない旅館が
この島にあるのも事実です。
「観光の形」「人々の嗜好」がこの20年で大きく
変化したのを実感します。

宿泊した宿はもちろん「インターネット」で探し、予約しました。
しかしながらまだこの宿の「コンテンツ」 は「静的」であり
その宿で感じた「ホスピタリティー」 を残念ながらWebからは
読み取れず、惜しいなぁと 感じました。

「昨日の・・・今日の・・先ほどの・・・今の・・・」
そして「明日の、これからの・・・」
そんな「息吹き」のような情報を発信できたら そこからは
きっと多くの可能性を創造できると 感じました。

それには仕組みの変化とともに、発信者の大きな意識変化も
必要です。大きな、構造物に対する投資は時間もかかるし
リスクも高い。
しかしながら、そんなコンテンツの発信の構造変化は
比較的簡単にできます。
ぼくたちの「仕事」の可能性は、こんなところにもあるのだと
改めて感じました。

今週は、「社内システムの開発推進」が自分の中の
大きな懸案です。
[PR]

by pridm | 2006-06-05 09:14 | おはようブログ  

<< 会社ホームページの刷新 次の一手は・・・・ >>