節目

昨日は自分にとってビジネスの大きな節目でした。
それは苦しかった時代に、いろんな部分で支援を
してもらったある大手コピー会社(株主です)に借りていたもの
を返し、そしてやっと対等な(というより前向きな )姿勢で
ビジネスの展開を再開できる「時」が 来たからです。

今のプライドは、そのサポートしてくれた会社と付き合い
その グループの一部を成してした頃とは、全くと言って
いいほど業態変化しています。もちろん、そこに
いるスタッフすら、今では数人です。
しかし、あのとき描いたビジネススキームは、今
少し形を変えてはいますが、自分に中では生きて
います。

これからまた、「出発」なのだと思います。
それとともに、支援してくださったみなさんに
心から感謝です。
[PR]

by pridm | 2006-05-16 09:00 | おはようブログ  

<< 団塊の世代マーケット 全体会議の意義 >>